フラワーギフトに色彩心理学-花贈りで印象操作、印象アップ

「花贈り」。

法人のおつきあいの場面では、フラワーアレンジメントや花束をお送りする機会も多いと思います。

 

そうした時、お花の選び方で迷うことはありませんか?「無難に胡蝶蘭を」「ショップにお任せで」という選択肢は確かでしょう。ただし、先方には同様のお花が多数届けられている可能性もあります。

 

色彩心理学のプロが伝授する「花選び」のコツをお伝えします。

儀礼的な習慣から1歩抜きん出て、真心はもちろん、洗練された印象をお届けしませんか?

 

フラワーギフトで大切なポイント、色・香り・モチーフ

 フラワーギフトで大切なことは、色・香り・モチーフを意識することです。さらにその花独特の魅力で、絵画を描くようにすることです。

 

色と香りには好みもありますし、お祝いなのか不祝儀か、お見舞いなのかなど、TPOと送り先の好みを優先させてください。

次に、お花が据えられる場所にふさわしい大きさ、お持ち帰りいただく場合には迷惑にならない大きさ・形、

花器は必要かどうかなど、スマートに確認する必要があります。

 

そのためにも事前リサーチが有効で、日常から細かに先様を観察をしていることが功を奏します。

 

オリジナリティは、「絵画を描くように」

さらにフラワーギフトで意識したいのは、その花独特の魅力で絵画のように描くこと。それは、花材で立体的なフォルムを創るということです。

 

小さくぎゅっと可愛らしいブーケにするのか、動きのあるエキゾチックなアレンジメント、ホテルのラウンジを彩るような豪華なものか、ブティックのブランドに負けないスノッブな世界観を表現するのか。

 

このあたりはフローリストに口頭で伝えたり相談することで、失敗は少なくなります。 

フラワーギフトに色彩心理学を

花はメッセンジャー

 

 御社においては、生花やフラワーアレンジメントを趣味とする人材を花贈りの担当を決めることもお勧めです。「お花」は、女性のものだけではありません。たとえ男性であっても、ディスプレイやアートに関心が高い人物であれば、個性的でユニークな選択眼に期待が持てます。

花贈りには、先方へ赴かずに花を選び、あえてメッセージとして伝えるということも可能です。

花言葉や、送り先だけがわかる意味などを花にこめます。

このように、花贈りとは心理や状況に呼応しています。

「印象」という形の見えないデリケートなものをお届け出来、贈り主の印象をアップさせたり、印象を操作することさえ可能なのです。

 

色彩心理学を活用しつつ、スマートに花を贈る・手配するということを戦略ととらえ、また日常にも花と色彩のある暮らしを取り入れてください。