ミズライフカラー合同会社

ご予約案内

Tel: 03-4500-1500 

営業時間: 9:00am~5:00pm
定休日: 毎週月曜日

〒102-0074
東京都千代田区九段南1-5-6
りそな九段ビル5F 

お問い合わせ/ご予約はこちら
アラフォーアラフィフ女性の心と身体の健康美容☆美エイジング(R)
公式Facebookページ 美エイジング*美人の法則
美エイジング®
ノーツマルシェコラム執筆中

色彩心理学をビジネスツールに活用、心理面から印象と効果を上げる

 

色彩心理学をビジネスのツールに活かす時、注意すべきは「心理」の面です。

 

色彩心理学は、「この色が好なひとはこういう性格」。という簡単な規則や法則性についての学問ではありません。

 

色彩には、その人が生きてきた時間や価値観、経験値などを総合した結果として、選ぶ小物や手にする物に好きな色が反映されているからです。

 

 

さらに、色の好みには個人ごとの理由が人間の数だけあります。

「似合う、似合わない」といったパーソナルカラーよりも本質的な、心理学分野においての発達心理学や認知心理学などの分野にお話が及びます。

 

例えば、幼児期の発達時期に家庭でどのようなコミュニケーションがなされていて、母子間での愛情や絆がきちんと築かれていたかどうか?などです。

 

人は気がついていない場合が多いのですが、幼少期の体験はその人の色彩への関心や嗜好に後々までも影響しています。

 

それほどに色彩は個々の体験に基づくものなのです。

 

 

 

 

 

 

色彩心理学をビジネスのツールに活かす時、人の心は変わらない部分と都度変化していくという二つの面を踏まえ、標準化することが必要になります。

 

「概ねこうである」「多くの人の共通項として」「今の気持ち(旬)はコレ」といったキーワードでまとめます。

 

 

 

 

企業のカラーマーケティングは差別化とビジョンを明確にします。

色彩心理学をベースにしたブランディングはアーティストや経営者の方に効果的です。

 

色彩心理学を専門とする弊社にぜひお問い合わせください。