色彩心理をマーケティングとビジネスツールに活用、心理面から印象と効果を上げる

 ミズライフカラーは色彩心理学によるPRやプロモーション、専門コラムの執筆など多くの事例を手がけています。

 色彩心理(カラー)をビジネスのマーケティングやビジネスツールとして活かす時、注意すべきは「心理」の面です。

 

「この色が好なひとは、こういう性格。」といった占いや規則・法則性によるものではありません。

学問として、膨大なデータからの傾向や、実験・実証を積み上げられて構築されたものです。

個人の色彩の好みには、そのひとが生きてきた時間や価値観、経験値などが影響を及ぼしています。そのため、選ぶ服や小物、目に止まる物には好きな色が投影されています。

 

さらに、色の好みには個人ごとの理由が人間の数だけあります。

「似合う、似合わない」といった外見的な問題とは別に、本質的な、心理学分野においての発達心理学や認知心理学に話が及びます。

 

例えば、ある色を見ると瞬時に、幼い頃の記憶が蘇ったり、褒められた時の嬉しい気持ちを感じたりしませんか?

それは、幼児期の発達時期に家庭でどのようなコミュニケーションがなされ、母子間での愛情や絆がきちんと築かれていたかどうか?などによるものです。

 

本人が気がついていないところで、幼少期の体験がその人の色彩への関心や嗜好に後々までも影響し、長じてからは、自身で色との関わりを日々重ねていきます。

これも一例ですが、ユニフォームの色で安心できるという経験はありませんか?

それほどに色彩は、個々の体験に基づいてインプットされているわけです。

そのため、色彩心理学をビジネスのツールとして活かす時、人の心の変わらない部分と都度変化していくという二つの面を踏まえて、標準化することが必要になります。

 

「概ねこうである」「多くの人の共通項として」「今の気持ち(旬)はコレ」といったキーワードで、個人によって様々なイメージや形の見えない心理をまとめていきます。

 

企業のカラーマーケティングでは、色彩心理学によって差別化とビジョンを明確にすることが可能なのです。

上記の理由から、色彩心理学をベースにしたブランディングは、アーティストや経営者の方にも効果的です。

色彩心理学を専門とする弊社にぜひお問い合わせください。

 

ミズライフカラーのカラーマーケティング・色彩心理学